CC4441

アーティスト、クリエイターが注目する「TOKYO EAST SIDE」のギャラリー&アートスペース

MENU CATE
Events
後藤海+本橋彼方"INSOMNIA"

INSOMNIA  8/10(水)〜8/14(日)  OPEN:13:00〜20:00(会期中無休) オープニングレセプション 8/10(水) 18:00〜21:00 (DJ / Livepainting) 睡眠が不十分な状態下で起こる脳の覚醒をモチーフに視覚表現を試みる。  後藤 海 個展 DAYDREAM (NANATASU GALLERY) と対のイメージをなす。 https://www.nanatasu.jp/exhibition/index.php?id=49 展示内容 C-ONE: ライブペイント 蝶の翅脈(しみゃく)を繋ぎ、壁面全体を覆う。 会期中毎日増殖し続ける出口(入眠)のない迷路。  C-TWO: サウンド・インスタレーション のぞき穴を覗こうとする人を感知するセンサー、同期され映し出される映像、音。 覚醒状態で研ぎ澄まされた脳は、ときに人を自意識過剰にする。   アーティスト後藤海企画 ひと夏のアート三部作" Summer Escape – 3つの視聴覚" こちらのイベントページで3会場の情報を随時更新してい きます https://www.facebook.com/events/1638325116427275/?active_tab=highlights

Read more >>

後藤海+本橋彼方"INSOMNIA"音楽家とアーティストのサウンド・インスタレーション

Events
松井克文「尊景-世界のデュナミス」

松井克文『尊景—世界のデュナミス』 日時: 2016年 5月14日(土)〜5月25日(水) ※5/16, 5/20(CLOSE)   我々が世界を捉える力を持っているわけではない. 世界が我々に受け取られる力を持っているのだ. この力が現れるままに現れるようにする. それが私の意図するところである.   ■オープニングレセプション  5月14日(土)18:00-20:00 ■スペシャルコラボレーションイベント  『尊景 + CC NIGHT』    5月21日(土)16:00 open      -タイムテーブル-   トーク1 16:30-17:15      松井克文×中西宣人(楽器デザイナ/サウンドデザイナ)     ライブ1 17:15-17:30      Yoshihito Nakanishi     トーク2 17:30-18:15      松井克文×田中一孝(桜美林大学講師)     ライブ2 18:15-18:30      Katsufumi Matsui + Ogusu Tatsuya     ライブ3 19:00-21:00  Fujimoto Tetsuro, RGL (ビートメーカー) Yuta Takeuchi, Kazumasa Kaneko (VJ)   「CC NIGHT」とは… 才能溢れる若手アーティストによる アートの発信と同時に、音楽・グラフィティ・ファションなど 様々なカルチャーとアートを交差させ 東京の新たなクリエイティブシーンを ここCC4441から発信する試みのこと   CC NIGHT  https://www.facebook.com/ccnight4441/   「尊景」総合インフォメーション http://www.kanakawanishi.com/#!news/cnat

Read more >>

松井克文「尊景-世界のデュナミス」麻布/広尾/原宿/蔵前/都内好感度エリア4箇所で順次開催されるエキシビション

Events
SIMPLE & STURDY

3/12(土)〜26(土) 12:00〜19:00 Opening Reception 3/12 17:00〜19:00   BACKDROP初のエキシビジョンとなる "SIMPLE & STURDY"では カスタムシートはもちろん、他のレザーアイテム、ニューアイテム、 そして新たな試みとなるアートピース等を展示・発表致します。   また、かねてより告知していた DIA CHAIR (仮) も展示・発表、 そして今エキシビション特別仕様"CC4441×BACKDROP"CHAIRも同時 発表致します。   BACKDROP http://www.back-drop.com/product.html

Read more >>

SIMPLE & STURDY"BACKDOROP custom seat factory"Exhibition in CC4441

Events
CC NIGHT

  【CC NIGHT ~ PLAY ANARCHY~】   CC4441では、これまでストリートカルチャーに 影響を受けたアーティスト達を紹介してきました。   今回は、才能溢れる若手アーティストによる アートの発信と同時に、音楽・グラフィティ・ファションなど 様々なカルチャーとアートを交差させ 東京の新たなクリエイティブシーンを ここCC4441から発信する初の試みとして 「CC NIGHT  〜PLAY ANARCHY~」 を開催します。   その第一弾として、今年東京芸術大学を修了する アーティスト「中村壮志」「長谷川寛示」の2人展をメインに 最終日には、 ファッション、音楽分野で活動をする 岡本裕治(Cyderhouse デザイナー)、 BIM(THE OTOGIBANASHI’S)2人の若きクリエイターを ゲストに迎え、トークセッションを行います。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   サブタイトルである「PLAY ANARCHY」は 互いが憧れ理想とした文化によって、 社会から解き放たれたいという想いにもかかわらず、 技法や美術史によって囚われている自分達を指し、 また、遊びのような感覚で作品を作り続けたいという想いも込めています。   ________________________________      We are pleased to announce "CC NIGHT~PLAY ANARCHY~" at CC4441.  Soshi Nakamura and Kanji Hasegawa met each other this spring when they took turns having solo exhibitions at the gallery. Finding congenial spirits within their creative attitudes upon creation as well as common influences, they decided transmitting their creativity not only by exhibiting their art pieces but playing instead, at CC4441, the gallery of East-Side Tokyo.  The subtitle of this event "PLAY ANARCHY" exemplifies the artist themselves who on one side want to free themselves from the society, while on the other hand find themselves being captivated by existing techniques and the history of art. The title also connotes their wills of continuing to produce their artworks as though they are Playing.    ・会期:2016年2月26日[金]~28[日] 3日間(入場無料) ・時間:16:30~21:00        2月26日(金) 16:30~        オープニングレセプション       ゲストDJ:VHR_1.7&Alex Robertson (18:00~20:00)           2月27日(土) 17:30〜18:30         PLAY ANARCHY SHOW                      現役アーティストをモデルとして起用した         ショー形式の プロモーションビデオを公開製作                     2月28日(日) 17:00〜19:00                  スペシャルトークショー          ゲスト:岡本裕治(Cyderhouse デザイナー)              BIM(THE OTOGIBANASHI’S)   ・主催 : CC4441  代表 遠藤剛 ・企画 : 中村壮志, 長谷川寛示 ・カタログデザイン : 今村圭佑   CC NIGHT facebook https://www.facebook.com/ccnight4441/   参加アーティスト情報   中村壮志 https://soshi-nakamura.tumblr.com     長谷川寛示 http://hasegawakanji.wix.com/hasegawa-kanji   Cyderhouse http://www.cyderhouse.jp   THE OTOGIBANASHI’S http://www.summit2011.net/artists/the-otogibanashi-s/     VHR_1.7 http://www.eilean-records.com/#!release-vhr-17/c1zw8   

Read more >>

CC NIGHT〜PLAY ANARCHY〜

Events
端 裕人「箱庭」

端 裕人エキシビション 「箱庭」 2016年 2/6(土)〜2/20(土) 11:00〜19:00 会期中無休 オープニングレセプション 2/6(土) 17:00-19:00     裸で部屋を走り回る。 笑いながら踊っていた。 疲れて眠りにつく。 明け方の月が出ていた。 月に照らされた庭。 僕らは小さな箱庭に住んでいた。   「写しだされたイメージは目の前のものとは異なって見え 、 drawingのように思考から離れた意識下が表出した ように思えた。」   本作では、ある夜から朝にかけての出来事を、 隔離されたかのようなコンテナ空間に展示。 下地処理したパネルにプリントした作品。 画面の色とは対照的に、 触れる冷たさやテクスチャーによる皮膚感覚が、 新たな知覚を生み出している。  

Read more >>

端 裕人「箱庭」待望のフォトエキシビションが開催決定

Events
"NAKED ROOM" MERMORT presents art exhibition

MERMORT presents art exhibition "NAKED ROOM" Open:11/28(土)〜12/6(日) Openinng Reception:11/28(土) 18:00〜20:00   二つのROOM. 映像のROOM/音のROOM. 男と女. OLDでありNEWTYPE. 4つのカセットテープレコーダーと苛立つ光. 日常のNOISE. NAPOLITAN CIRCLE. NAKED WOMEN. とっ散らかった現在. -------------------------- -------------- MERMORT初のギャラリーでの展示イベントとライブ 最終日12/ 6(日)には中庭でライブを開催予定 16:30 位〜スタート   MERMORT http://mermort.com

Read more >>

"NAKED ROOM" MERMORT presents art exhibition音楽・映像・アートを同時爆発信

Events
「憂き夜」  ましもゆきエキシビション10月24日 (土)スタート

ましもゆきエキシビション 「憂き夜」 10/24(土)〜11/6(金) Open:11:00〜19:00(会期中無休) Opening reception:10/24(土) 18:00〜20:00     無常のもの、儚い世の中を意味する”浮世”という言葉がある この言葉は、仏教的厭世観を背景に辛いことを意味する ”憂き”を使って”憂き世”と表記したのが本来の意     今回のエキシビションでは”世”を”夜”という文字に置き換え、 “憂し”と”夜”の持つ儚さや不隠さ、 妖しさ、気配など独自の世界観で表現した作品を発表 紙に細いペンを使い黒インク一色で細密に描写されたましもの作品は 装飾的美しさだけではない生々しい生命力に満ちている 新作を中心とした6点を展示予定     「これまで私が描いてきた、否定的イメージとしての 雌しべや雄しべを地面に向かって伸ばし続けて咲き誇っていた花は、 その中核となる雌しべと雄しべだけが結晶となった姿に変わって宙に浮かび漂う。 耽溺するように描き出された毛束の一本一本には夜を孕んでいる。 私の描く夜とは、嘘もその醜さも包み込み、優しく溺れてゆくような 恐ろしくもあり、同時に慈悲深くもある愛すべき夜のことである。 自らの存在を曝け出し、答えの出ない問を 問い続けることのできる透明の夜である。」    ましもゆき

Read more >>

「憂き夜」 ましもゆきエキシビション10月24日 (土)スタートCC4441最注目の女性作家

Events
長谷川寛示「RESEARCH&DESTROY」

長谷川寛示エキシビション 「RESEARCH&DESTROY」 会期:8/22(土)〜8/30(日) 11:00〜19:00(会期中無休) オープニングレセプション:8/22(土) 18:00〜20:00   食事、音楽、ファッション、宗教などを並列に考える… 生活の中で考えていることを、生活の中にあるイメージで考えたい…   「私にとっての彫刻とは、自分をとりまく環境と、その中で見つけたこと、考えていることを形にする手段です。 作品の中にある、長谷川寛示の視点を見つけていただけると幸いです。」   今展「RESEARCH&DESTROY」では、新作の彫刻作品を発表します。   長谷川寛示     The message from an artist The swastika shaped symbol on the back of this Artwork originated in ancient Buddhism, expressing luck and happiness to come. The artist is using the symbol based on the philosophy of Buddhism.

Read more >>

長谷川寛示「RESEARCH&DESTROY」ピックアップ若手アーティスト第2弾

Events
中村壮志 ひとつの事実、それぞれの記憶

中村壮志 ひとつの事実、それぞれの記憶   2015 年 8 月 8 日  ( 土 ) 〜 8 月 15 日  ( 土 )   11:00 ~ 19:00 オープニングレセプション  8 月 7 日  ( 金 )   18:00 ~ 20:00   私はこの春、家族という揺るぎない共同体の中でさえ、 一つの事実に対してこれほど迄も異なる認識をもっているということに驚いた。 具体的に言うと、私の幼少期の臨死体験ついて、家族が皆別の物語を語り始めたのだ。 この20年の時間の中で、私達はこんなにも異なる歴史と時間を歩んできてしまったのだ。 しかし私は思う、このような感覚は過去にもあった、 いや、現在も私は常にそのような感覚につきまとわれている。 この社会が、国家が、世界が、一つの事実に対する認識で一致したことがいまだかつてあっただろうか。 私はこの制作を通し、時間とはなんであるのか、そもそも記憶にはどのような意味があるのか、 自分に問うことを始めた。   中村壮志    

Read more >>

中村壮志 ひとつの事実、それぞれの記憶CC4441が注目するアーティスト初の個展

Events
富田直樹エキシビション「INSTANT」7月25日スタート

7/25(土)〜8/2(日) Naoki Tomita Exhibition 「INSTANT」 11:00〜19:00(会期中無休)   オープニングレセプション 7/25(土) 17:00〜19:00   「私は日常の中から撮影した写真をもとに絵を描きます。」 「理由は二つあります。」   一つは時間を感じる事ができるからです。 私は瞬間を切り取った写真から過ぎ去ってしまった今を感じます。 そしてそれを絵具という物質に置き換えます。   もう一つの理由は、 それが印刷されたものであるということです。 対象を一度メディアに通した状態を描く事で 私達が見えていないものを描けるのではないかと考えています。   この度の新作では インスタグラム(画像共有系SNS)で撮影した スナップ写真をモチーフにしています。    手軽な写メを手軽な画像加工として インスタグラムを使用しました。   そのような工程を経て 私達が日々目にする画像や景色が 立ち現れてる事に興味があります。   富田直樹    

Read more >>

富田直樹エキシビション「INSTANT」7月25日スタートCC4441がピックアップする若手アーティスト

Events
人気作家のオシャレでハイクオリティな 作品を購入できるチャンス

5/23(土)-24(日)開催 "M-ART@CC4441" Open:11:00〜19:00 2日間限定イベント"M-ART" (マート)を開催 人気作家のオシャレでハイクオリティな 作品を購入できるいい機会になりますので ご興味ある方、お時間ある方はぜひ! "M-ART" ARTIST C-ONEスペース Killiman jah low works (コラージュアーティスト) C-TWOスペース Kaoru (HARU TOBO/陶芸家) Katsue Koshi (HARU TOBO/陶芸家) May 23 and 24th holding "M-ART@CC4441" Open:11:00〜19:00

Read more >>

人気作家のオシャレでハイクオリティな 作品を購入できるチャンス2日間限定イベント"M-ART"(マート)を開催

「LIGHTS CAMERA ACTION」会期中に撮影されたスペシャルダンス映像を公開

4月に開催したエキシビション 『LIGHTS CAMERA ACTION』会期中に CC4441で 撮影されたスペシャルダンス映像と エキシビション終了後の感想を語った KeeperphotographとLEEGETのインタビューを公開 必見の仕上がりになっていますので是非!   スペシャル映像とインタビューはこちらのリンクから http://bigdogss.blog37.fc2.com    

Read more >>

「LIGHTS CAMERA ACTION」会期中に撮影されたスペシャルダンス映像を公開エキシビション終了後に語ったKeeperphotographとLEEGETのインタビューにも注目

Events
LIGHTS CAMERA ACTION

4/3(金)〜4/12(日)  keeperphotograph &LEEGET EXHIBITION  「LIGHTS CAMERA ACTION」 OPEN:13:00〜20:00 (毎日/最終日のみ 〜17:00 Close) -レセプションパーティ- 4/4(土) 18:00〜20:00    都内を中心に活動している神出鬼没ダンスクルー『BIGDOGSS』 そのメンバーでもある keeperphotograph とLEEGETによるエキシビジョン が開催される   keeperphotograph はストリートで培ったセンスを生かした写真を LEEGETは自身が生んだキャラクターを生かしたペイント作品をそれぞれ展示する この機会に是非二人のストリートカルチャーに根ざした作品に触れて欲しい...   keeperphotograph  tumblr /  http://keeper-photograph.tumblr.com LEEGET tumblr /   http://leegevetica.tumblr.com

Read more >>

LIGHTS CAMERA ACTION「BIGDOGSS」メンバーkeeperphotograph&LEEGET エキシビション

NAOSHIMA TRIP(瀬戸内) Vol.2 -ベネッセアートサイト直島-

まずはエリア全体を把握…  ホテルを中心に安藤建築による美術館や屋外展示作品があります   こちらはパーク棟周辺MAP  パーク棟からテラスレストランまでは美術館気分に浸れます ここでも当然、安藤建築も楽しみながら…   それでは館内展示を見ていきましょう… 階段を下りていくと、まるで杉本博司氏の個展に来たようです 光の演出など素敵すぎる空間… 写真で上手くお見せできずに残念ですが… 杉本氏の写真をはじめとした作品群が安藤建築に本当にハマりすぎて、 カッコよすぎる空間を作り出しているんです…   杉本氏の作品「光の棺」が写真を照らします…   「松林図」  横長のこのサイズ迫力あります…  実際行かれたら目を凝らして観てください…   『建築』シリーズ 「光の教会」 神聖で美しい… クールさも兼ね備えています…   『建築』シリーズ 「ワールド・トレード・センター」   「五輪塔」 積み重なる形それぞれに意味があります… ミニマムの美しさです…   『劇場』シリーズ 「カポット・ストリート・シネマ、マサチューセッツ」 想像力を掻き立てられます…   「苔の観念」 「観念の形 003 オンデュロイド:平均曲率が0でない定数となる回転面」   『海景』シリーズ 「カリブ海、ジャマイカ」 水平線、黒と白の境界、クールです   途中、外に出らるように作られています。 屋外作品が見えて、その先は瀬戸内の海です 見晴らしが良く気持ちがいいです…   庭の水辺にも作品があります 「ペリスタイルⅤ」ジョージ・リッキー   館内には小窓の展示スペースもあります 須田悦弘「バラ」とても可憐な作品が並びます   計算し尽くされた なだらかなスロープを行くとその先には…   テレジータ・フェルナンデス「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」 緩やかなカーブ、曲線に差し込む光がキラキラと映り美しい…   夜は幻想的な空間に…   屋外へ出てみると… ニキ・ド・サンファール「腰掛」がお出迎え   ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」 美しい景色が映り込んで見えます   ニキ・ド・サンファール「象」   ニキ・ド・サンファール「会話」 POPな作品が庭に点在します   カレル・アベル「かえると猫」   山側に目を移すと安藤建築のパーク棟が見えます…   ニキ・ド・サンファール「らくだ」   海岸線を歩くと 見えてきました…   草間彌生「南瓜」 存在感は抜群ですね 思いの外大きな作品で海に映えます   ホテルを紹介します エントランスの横で目を引く作品 イギリスの彫刻家アンソニー・カロ「Final Call」   シンプルモダンな無駄のない作りのパーク棟ツインルーム   バルコニーからの眺め 芝が緑の時期にも是非訪れたい…   光へのこだわりが感じられるウッドブラインド   照明も非常にシンプルでスタイリッシュ   部屋にも当然洒落た作品です   コーヒー、紅茶が無料で楽しめる宿泊客用のパークラウンジ   トーマス・シュトゥルート「パラダイス35、ニュー・スミュルナ・ビーチ・フロリダ」   本棚があって読書用に本が揃っています…   ドリンクエリアにはトーマス・シュトゥルート「フィレンツェ・オーディエンス8」(アカデミア)」   ここがテラスの入り口になります…  レストランです   壁面はミケランジェロ・ピストレット「フレスコ画 5(オレンジ)」   こちらサイドにはミケランジェロ・ピストレット「フレスコ画 5(青)」 オレンジも青もかなりヴィビッドなんですがウッドと相性よく見せてしまうのはさすが   席からの眺め 朝焼けが綺麗です…   気持ち良さそうなデッキスペース   朝食はアメリカンブレックファースト。味もボリュームもいいです。 前日の夕食もこちらでいただきました 手の込んだ丁寧なコース料理に美味しいワイン、何よりスタッフの方と気の利いた会話が楽しめます     こちらはアーティストグッズが揃っているショップ   館内にある案内サインもすっきりデザインでオシャレです 女性には嬉しいスパもテラスまでの途中にありました…   日が落ちてからもライトアップされた建物は美しいです   ホテルの中だけでも見所満載です。まさに美術館なんです… 伺った日程はミュージアムが休館中でしたので残念でしたが それは次回のお楽しみということで… vol.3では美術館、海岸線の屋外作品、家プロジェクトをレポートします。 安藤建築のスケール感、大竹伸朗の研ぎ澄まされたキレのある感覚… お伝えしたいと思います…

Read more >>

NAOSHIMA TRIP(瀬戸内) Vol.2 -ベネッセアートサイト直島-ホテル・ガーデン・ビーチ… 上質の現代アートを堪能する

NAOSHIMA TRIP(瀬戸内) Vol.1 -高松〜ベネッセハウス-

高松空港からまっすぐ伸びる一本道 高松港フェリー乗り場へ   ウェルカムボードもアート作品"ハッピースネイク" にょろにょろヘビがポップです   港に立つカラフルな2本の柱"Liminal Air -core-  高さが8メートルの大きな作品で所々に鏡を使っていて、 見る位置や時間による光の当たり方で表情を変える 島を行き来する人たちを見守ります…   船が出る時間まで周辺を散策します… まずは、メインストリート"丸亀町商店街" この先に気持ちの良いドーム広場があります   日本一の高さをを誇るアーケードドーム   市内を走る"ことでん"高松築港駅ホーム  二両編成でのんびりゆったり電車です…   切符へハサミを入れてくれます 昭和な感じがいいです…   "高松城の石垣脇、ちょっといい雰囲気です…   こちらはJR高松駅 今回は見ることはできませんでしたが、時間さえ合えば車体ラッピングした アラーキー列車(予讃線・土讃線)を見ることができます アラーキー列車 http://setouchi-artfest.jp/artwork/a148   港のすぐ横のアート広場には石彫が3作品あります…  POPで可愛らしいw   そろそろ時間です…  チケット買って準備OK   こちらがフェリー、快晴で暖かいのでデッキへ向かいます    直島までは50分間の船旅   いつ見ても瀬戸内の島々は日本が誇れる素晴らしく美しい景色   いくつもの島々が幻想的に見えます   直島宮浦港へ入港です   南瓜オブジェのシルエットも美しく見えます…   港からホテルまでは宿泊客専用の送迎バスで移動  途中、昔ながらの街並みが残る本村エリアを通過   海沿いを走るとベネッセアートサイトに入ります  ホテルはもうすぐ…   ホテルに到着するなりフロントで目を奪われた写真家トーマス・ルフ「基層 26 Ⅱ」 ヴィヴィッドでサイケデリックな加工に気分も上がりますw    今回の宿泊はパーク棟 鍵を受け取り部屋へ…  部屋へ行くまでもアートまみれw  先に見えるのは…   彫刻家アントニー・ゴームリー「サプリメイトIV」   角ばった感じ、CUBEな感じが好み  クールです…   部屋に着きました…  瀬戸内の海が見えて、屋外展示作品も見える、 安藤忠雄氏建築のホテルの一室 とても贅沢な空間です… 当然、テレビなどありません…   直島アートな旅がスタート… 素晴らしいホテルの紹介、 数えきれないほどの作品、 島を駆け足で巡るvol.2へと続く…

Read more >>

NAOSHIMA TRIP(瀬戸内) Vol.1 -高松〜ベネッセハウス-アートな直島へGO! ここは美術館!? いたるところに現代アート! 

Events
in and out -菊地良太エキシビション-

1月30日(金)〜2月7日(土) 菊地良太エキシビション -in and out- 「コンテナはぼくにとって、新たなinputでありoutputでもある…」   今回初公開となる "CC4441"コンテナを使った作品 菊地良太にしかできない ここでしか生まれることがない オンリーワン… ご期待ください。   Ryota Kikuchi exhibition -in and out- "It is new input, and the container is output for me"…   The work using the "CC4441" container of this time first public exhibition. The only one that I am born only here that only Ryota Kikuchi can do… Please expect it.     OPEN 11:00〜19:00/Everyday(最終日17:00/Close) -Opening reception- 2月1日(日) 16:00〜18:00 昼過ぎより"CC4441"を使った公開制作を行います  He performs public production using "CC4441" from the early afternoon   菊地良太 facebook https://www.facebook.com/bakansu    

Read more >>

in and out -菊地良太エキシビション-「コンテナはぼくにとって、新たなinputでありoutputでもある…」

Events
ADDICT -藤崎了一エキシビション-

2月14日(土)〜2月22日(日) 藤崎了一エキシビション -ADDICT- Open 11:00〜19:00/Everyday(最終日17:00/close) -Opening reception- 2月14日(土) 18:00〜20:00   彫刻と映像… crush addict… http://vimeo.com/102512154   中毒になる、執着するとか固執する、やみつきになる… ある一定の行為に執着することにより、 自制のきかない欲望とその裏側にある無常感を 繊細な技術によってエネルギーのある作品に昇華させる。 お楽しみに…   -Photo- 「SANDWICH l ANTEROOM」展  HOTEL ANTEROOM KYOTO Gallery 9.5  photographer/OMOTE Nobutada  

Read more >>

ADDICT -藤崎了一エキシビション-中毒になる…

Events
"ましもゆき"エキシビション今秋開催!

10月24日(土)〜11月6日(金) Yuki Mashimo exhibition@CC4441   ペンを使った繊細な水墨画のようでありながらも モノトーンでストリートに通じるクールさを持つ作品 2015年"CC4441"がピックアップする 実力派女性アーティスト"Yuki Mashimo" "CC4441"2つのスペースを存分に活かした 他では不可能な演出、作品との共演が実現です お楽しみに…

Read more >>

"ましもゆき"エキシビション今秋開催!CC4441が注目する最重要女性アーティスト

All Events
2016 Aug

view all
M T W T F S S
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CC4441

Access

CC4441

〒111-0054東京都台東区鳥越2-10-9
TEL : 070-5460-0040
E-mail : info@cc4441.com
営業時間 : 11:00~19:00
プレスリリース

MAPクリックでダウンロード
PDFファイル 852KB

Event